トップページ > サポート > 単色データ作成方法/Photoshop Illustrator
サポート-データ作成講座-  単色印刷をされるお客様へ:単色データ作成方法

取り扱い商品一覧

    • 初めての方へ
    • マイページログイン 新規登録もこちらから
    • データチェック!
    • 資料請求
 
単色データを作成する場合、下記の3種類の方法がございます。
DICでの単色データ作成方法(Illustrator)CMYKでの単色データ作成方法(Illustrator)
画像の単色データ(Photoshop)

単色データ作成講座:DICでの作成方法 イラストレーター

1 作成するにあたってまず、サイズを決めてトンボを作成します。
 (トンボの作成方法は「データ作成基本講座」を参照ください。)
2 DICカラーを決めて頂きます。(例は蛍光のピンクになります) DICカラーの色見本はグラビティにもありますので色見本が見たい方はお気軽にお越しください。
3 まずIllustratorのウィンドウの中のスウォッチライブラリからDICCOLORのカラーパネルを出しご希望のカラーを選択して下さい。
4 DICカラーの654色から金や蛍光色などをお選び下さい。
カラーパネルで濃度を変えて色々な蛍光色をだしてみてください。
5 色の指定は完了しましたのでデザイン作成に進みます。
●グラデーションの作成について
  グラデーションはスポットカラー0%~100%でお作りください。
●illustrator9.0以上のアプリケーションでデータをお作りになる場合、illustrator8.0にない機能
  (不透明度・ドロップ  シャドウ等)をお使い頂くと、ちゃんと印刷されないおそれがありますのでご注意ください。
DICでのデータ作成方法こちらもご参考ください。


単色データ作成講座:CMYKでの作成方法 イラストレーター

1 作成するにあたってまず、サイズを決めてトンボを作成します。
 (トンボの作成方法は「データ作成基本講座」を参照ください。)
2 ご希望の色を決めてください。
(例は C50% M50% Y50% K25%になります)
ご希望の色をスポットカラーに設定します。
3 まずスウォッチにあるカラーを全部消して下さい。
4 ウインドウ右上のボタンを押して新規スウォッチを選んで下さい。
※補足※
スウォッチの消し方は色を選択してゴミ箱マークをクリックして頂ければ消す事ができます。
5 新規スウォッチで名前を「単色印刷カラー」にしてから、カラータイプを「スポットカラー」にしてからカラーモードを「CMYK」にしてご希望の色を作って下さい。
(2色の場合は名前を「単色カラー1」「単色印刷カラー2」にして下さい。)
「OK」を選択するとカラーパネルが左図4になります。
6 DICカラーの654色から金や蛍光色などをお選び下さい。
カラーパネルで濃度を変えて色々な蛍光色をだしてみてください。
7 色の指定は完了しましたのでデザイン作成に進みます。
●グラデーションの作成について
  グラデーションはスポットカラー0%~100%でお作りください。
●illustrator9.0以上のアプリケーションでデータをお作りになる場合、illustrator8.0にない機能
  (不透明度・ドロップ  シャドウ等)をお使い頂くと、ちゃんと印刷されないおそれがありますのでご注意ください。


単色データ作成講座:画像データ フォトショップ

1 画像をご使用の場合はPhotoshopの「イメージ」の「モード」の「グレースケール」を選択して画像を白黒に置き換えて下さい。
2 グレースケール(白黒)に変換できましたら 文字をのせて完成です。
写真を入稿する場合(2色以上お使いの場合)は写真の色指定を弊社が分かるように指定して下さい。
写真(特色)はダブルトーンが出来ませんのでご注意下さい。

お問い合わせ先
flyer@glavity.com 24時間受付!
03-5347-2963 平 日:9:00~22:30 土日祝:11:30~21:00