トップページ > サポート > GIMPでのデータ作成方法
サポート-GIMP-  フリーソフト「GIMP」でもデータ作成可能です!ソフトをお持ちでない方にオススメいたします。

取り扱い商品一覧

    • 初めての方へ
    • マイページログイン 新規登録もこちらから
    • データチェック!
    • 資料請求
 
「GIMP」とは? フリーソフト「Gimp」

フリーで使える高機能な画像編集ソフトです。
PhotoshopやIllustratorが印刷用データ作成は定番でした。
しかし高機能である分、価格も決して安い物では御座いません。
そこでグラビティが提案するGIMPによるデータ作成方法。
以下のようにデータを作成頂ければグラビティではデータの入稿が可能です。
ソフトの関係で入稿が出来ず諦めてた方は必見です。
ダウンロード

起動時に現れる4つの窓の説明

※左ボタン順同様
矩形 円選択 投げ縄 ファジー選択 ベジェ選択 電脳はさみ
移動 虫眼鏡 切り取り 変形ツール 反転 文字入力
スポイト 塗りつぶし グラデーション 鉛筆 ブラシ 消しゴム
エアブラシ スタンプ にじみ インク 暗室 指先
距離と角度を測定      
各ツールを使用し、作成します。
ファイルを開いたりの作業や色の選択もツールボックスで行います。
主となる部分です。
GIMP のドローイングツールを使用するとき、描く線の属性を特定のブラシを選択して修正することができます。
パレットのブラシをkクリックして選択します。ブラシが四角いボックスより大きい場合は、クリックしたままにするとブラシ全体が表示されます。
他のソフトのブラシツールとそれほど変わりありませんので、最初から使いやすいツールだと思います。
各ツールの細かい設定が出来ます。
今回は必要としてないですが、機能として覚えておくと便利です。
ツールオプションを使用することによりグラデーションなどの設定も容易にすることが出来たりツールの性能を最大限に引き出してくれます。適当なツールを選び変化を見てみると分かり易いかと思います。

使いこなすまで時間が掛かるかも知れませんが、レイヤーを作成したり削除したりする部分です。このレイヤーを使用する事により、作業効率も向上するのは確かです。是非覚えておきたい機能の一つです。

■レイヤーとはデータ作成の効率化の為各アイテムを配置する(透明な)シートのような物と考えて下さい。透明なシートを重ねる事によって部分的にパーツを描く事が可能となります。
■チャンネルとは画像の色要素を分け各色一枚の面に対応させたもの。選択範囲の保存も可能です。
■パスとは経路、もしくは道筋の事です。
パスで線画を描くというのは、パスでブラシが通る道筋を作るという事です。

使用方法

はじめに
絵を作成するためのキャンバスを開きます。 ツールBOX左上部に注目して下さい。
ファイル(F)のボタンがあるのでそれをクリック。
そうするとメニューの一覧が出てきます。
 

次に新規を選び、ファイルを開きます。
簡単に言えばこの時点で新しいキャンバスを作る行程に入ります。
新規を選びキャンバスを作成しましょう。

CTRL+Nは新規作成のショートカットとなります。
 
キャンバス作成完了。
すべて終わりますと左のような白いキャンバス現れます。
そこにお好みの絵を描いたり。

画像を取り込んだりしてみましょう。
画像を描く方法(ブラシの使い方やフィルター効果等)などは省略させて頂きます。
 

画像を作成。
では、キャンバスに絵を描きます。画像を取り込んだりフィルターを使用したりと色々機能を存分に使ってみましょう。
最終的にはレイヤーを統合します。

レイヤー、チャンネル&パスの窓で統合するか
キャンバス上を右クリックでメニューから画像の統合を選んで下さい。
青枠外部の白い部分は断裁の際に切り取られる部分です。
断裁の範囲を考えて画像を作成します。

作成中はこまめに保存することをお勧めします。
途中で落ちてしまう事も多々ありますのでご注意下さい。
 
保存をする。
完成したものを保存します。
キャンバスの上で右クリックするとメニューが出てきます。
ファイルにカーソルを合わせると次のメニューが横に出ます。
その中の項目に保存(ctrl+s)があると思います。
それを選び次の項目に移ります。
 


エクスポートファイル
保存先を決定する。
次に保存先を指定します。

このボタンで保存先を決定します。C:ということはCドライブの中すぐに保存するということになります。

ファイル形式の決定は、編集中はXCFなどのGIMP専用の保存形式を使用すれば良いのですが、今回は印刷用データを作成するため、EPS形式に保存します。

「拡張子で選別」を選び保存するファイル名の後ろに「 .eps 」を付けます。
※左上写真は「gimp.eps」というファイル名で保存しています。
了解を選択すると「エクスポートファイル」という窓が出て来る場合があります。それは、透明部分がEPSでは使えないなどが発生した場合に出てきます。エクスポートし、保存すればOKです。
 

保存完了。
了解を押して保存終了です。
 


RGBの画像です。
これを印刷するのですが、現在はRGBのカラーモードになっています。印刷の際はRGBからCMYKに変換することになります。

CMYKに変換するのはGIMPでは出来ないのでEPSの状態なら、弊社で変換致します。
その場合の色味の変化についてはご注意下さい。
 


CMYKの画像です。
印刷をするとこのように色味が変わる場合があります。
蛍光色などはCMYKでは表示出来ないのでRGBの時の青色がCMYKでは紺色のように変わります。
作成した物と同じような仕上がりを求めるなら、CMYKに変換しても色味の変化が少ない色を使用することによりイメージに近づけることが出来ると思います。
以上で終了です。
このGIMP特集がお客様のお役に立てれば幸いです。

※注意※
データを入稿する際は必ず「GIMP」で作った事をお伝え下さい。
お問い合わせ先
flyer@glavity.com 24時間受付!
03-5347-2963 平 日:9:00~22:30 土日祝:11:30~21:00